スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河第七話 『祝四代目襲名』

まだ多摩をやるのか…いつ京都へ行くんだ……
ってのはまあいいとして。

やっぱりなー、近藤がなー。
うう、自信無くなってきた。
この違和感を抱き続けたまま大河見切れる?
もちろん私の近藤も勝手なイメージなんだけど、
それにしたってさー、
訪ねてきた坂本&望月(後に新選組に殺される)に
「私も土佐勤皇党に入れてください」はないわ。

勤皇の意味をわかってないからって設定にしても…
多摩ってのは天領で、昔から将軍のお膝元って意識が強かった。
だからこその新選組って意識もあったと思うのに。
時代が動いているから、その動きに参加できるんであれば
佐幕だろうが勤皇だろうがいいみたいなのは
ただの意思を持たない優柔不断男じゃーん。
近藤の唯一の良さ(笑)がなくなってんじゃーん。

うう…私の見方がおかしいってのは重々承知。
先入観を捨てて楽しまないとだめだよね。
でもでもさー。
土方や斎藤をあんな魅力的に描いておいて、
近藤だけなんかえらい遊ばれてるっつーか
適当に感じるのは私だけー?

沖田くんもさ、司馬さんの沖田像とはちょっと違ってて、
でも今まで他の作家さんが描いてきた「優しくて強いだけ」の
沖田じゃないところが「ぐおお(萌)」ってなって
気に入っていて可愛いのに、
近藤だけなんかどーーーしても好きになれないのはなんでじゃ!
>自分

面白いんだけどいつも最後に「うーん」って首捻る部分もあるから、
これで49話見切るのはしんどい……
でも土方さんが素敵だし…斎藤も出てくるし……
それだけで見れるっちゃー見れるけど(どっちやねん)

にしたってちょっと遊びすぎじゃないかい三谷さん。
近藤と坂本が実は友好あったってのだけでも十分遊んでるのに、
その上真剣で対決までさせちゃう?
この二人が後々どういう関係になっていくのか…って考えると、
ファンには切ないものもあるけどね。
そういう効果狙ってんのかな。

でも、最初は「可愛くなーい」と思ってたつね役の
田端智子が可愛いと思えてきた。
最後はほのぼの夫婦愛でいいよね。

あとここまで周作役の田中邦衛がいい味出してる!
このおっさん好きだわ。

そいから次回予告。
おいおいおいーー!! 土方さん!!
なんかわからんけど田丸麻紀にめっちゃ妬いてまうどー!!!
いやいやいやーーー!!
スポンサーサイト

大河第六話 『ヒュースケン逃げろ』

うーん……この回は違和感ビンビンでさー……

土方さんは良かったんだけど。
この土方さんの表現は、ほんと三谷さん土方歳三好きなんだなって
伝わってきて嬉しくなる。

嬉しくはなるが。

最初から最後まですごい違和感……

ヒュースケンが川平慈英なのも違和感……
ヒュースケン(外国人)より近藤(日本人)の方が背が高い違和感…
永倉新八が22歳なのも違和感……

だがそれ以上に、近藤勇のキャラクターに違和感!!


「闇討ちなんて卑怯だ!」のセリフ
→新選組の必殺殺法やたび重なる粛清の一部は卑怯ではないと?
 粛清の中には闇討ちや酔ったところを切ったりとかもあったよね。
 ま、この頃は新選組じゃないよ、ないけどさ…。

外国人とはいえ斬るなんてただの人殺しという主張
→尊王攘夷のもとに率先して斬りたがりそうなイメージなのだが…

ヒュースケンに土下座
→絶対にやりそうではない!!


…ま、新選組はさ、傍からはただの人斬り集団に見えるようで、
近藤・土方には確固とした信念や正義が胸の内にあったのはわかる。
わかるがな…上記のようなセリフの持ち主が、
やっぱり後の新選組局長ってものすごい違和感なんよね。

新選組を良く描こうとしすぎてるのかなって心配しちゃう。

私は新選組大好きだけど、
彼らには暴走もあったし過度の隊内粛清もあったし
京都の人には蛇蝎のごとく嫌われていた事実もあるし、
輝かしい部分だけじゃなくて欠点もたくさんあったんだよね。
むしろ、つい最近まではその欠点ばかりが強調されてたわけでしょ。
そこをちゃんと表現したうえで、「欠点ばかりじゃない」っていう
個々の魅力、隊の魅力ってもんがあると思うわけなんだけど。
その魅力が欠点を凌駕したときに感動があると思うわけで。


……ま、面白いからまあいいか。

この純情な青年(近藤)がこの先どう荒んでいくかを
nrnrヲチするのも楽しみのひとつに(おーい)見ていくとします。



それにしても!!
土方さん格好良いよね(*´Д`*)

正直、「あーあ、しばらく斎藤一出てこないな、
こりゃ土方さんで我慢していくしかないか」とか思ってたけどごめん。

ほんとごめん。

超かっけーわ。

これで二人が出てきて絡んでくるようになったら
画面が輝かしすぎて両目開けてられんかもしれん。

斎藤一が再登場するまでに眼力鍛えておかねばだな!

  

大河第五話 『婚礼の日に』

引っ張りに引っ張った婚礼話だがようやく祝言に。
こんなのは正直一話でやってもらわんくちゃ困る。
もしくはいきなり嫁のつねが出てきて
「じつは結婚してました」でもいいくらいだ。

……だが。
それも冒頭の斎藤一ですべて許そう(何様だ)
流血しながら逃げる男の美しいことと言ったら!
あんたかくまってくれる女の一人もおらんのかい!

私が喜んであなたのおn(ry

で、斎藤一が近藤の祝言の場に現れて
騒動起こしちゃうって話なのですけど。
それをかくまってくれた近藤に恩義を感じるっていう。
斎藤が新選組に入る伏線を作ってるんだよね。
こういう流れ、永倉・原田のときも思ったけど
本当にうまいなって感心しちゃう>三谷さん
それから斎藤の「承知」も聞けてかなり満足な回だぞ。

しかし、婚礼自体は近藤のやる気の無さが表れてるんでしょうか、
祝言のシーンなのにいまいち盛り上がりに欠けてて
お通夜みたいと思ってしまった。
まあ結婚は男にとって人生の墓場って言うからな。

「別嬪さん」と表現されている田端智子が
かわいそうなくらい可愛くない。
(メイクのせいだと、思うんだけど…)
こりゃ近藤さんもテンション上がらんよなあ。
お金のためとはいえ……

でも斎藤一をかくまうところで
内助の功ぶりを発揮して良き妻になれそう的な
終わり方だった。

あと桂小五郎の上から目線ぶりが相変わらずで面白い。
いいぞもっとやれ。

今回はとうとう藤堂平助が登場しました。
あまり他作品では良く描かれることが少ない平助ですが、
この大河ではかわゆく描写されてるみたいで楽しみ。

それから次回予告に出てくるヒュースケンが、
外国人俳優を使わずに川平慈英ってところに吹いたww

まさかの次回予告オチに三谷さんの凄さを感じて
恐怖せざるをえない(違


大河第四話 『天地ひっくり返る』

今回は山南敬介と斎藤一、ついでに芹沢鴨まで出てきちゃう。

試衛館の食客となり、道場で寝泊まりする土方さん。
ぶ…武士の髷が素敵です……((´^ω^))ゥ,、ゥ,、

近藤は縁談の話がどんどん進み浮かない表情。
まあ、好きな女がそばにいるのに結婚して、
さらにその結婚話に関しても想い人は嫉妬のひとつも
してくれないってんじゃーね。
実際の近藤もこんな純だったのかしらん?(のび太風)

近藤周作の奥さん・ふでは実は9番目の内儀だと知ったときの
驚く土方・沖田ペアがかわいかった。
そしてつぶやく土方さん。「ま……負けた……」

私が喜んであなたの9番目に(ry

それはそれとして斎藤一のキャラ設定が素敵すぎる。
ちょっとカゲがあってハンサムで危なっかしくて……
女としてほっとけない!
つーかダメンズがはまりそうな男だよねこれは……

あとこの回は芹沢鴨がなんかウケた。

鯉のアライを近藤と斎藤に食べさせて、
「噛め。もっと噛め。飲み込め」って
何なんですか一体。

あ、それから山南さんに負けてふてくされる沖田くんも
かわゆかった。藤原竜也若いなあ。
沖田くんの子供っぽいながらも生意気な感じが似合うわ。
もともと悪人面だしね>藤原竜也

しかしここまでどうも近藤勇がやっぱイメージじゃない。
なんかなよなよしてるっつーか女々しいつーか……
もっと豪放磊落な感じでくるかと思った。
こんな弱々しい精神で新選組をまとめられるのか?
「俺はこんなところで終わる男じゃない」みたいなセリフも、
ダメ男の典型で心配になるのだが。

まあ、新選組を実質指揮してたのは土方さんだから
それでもいいのかもしれないけれど、
もちょっとしっかりしてくださいよ!

最後は桜田門外の変で終わるんだけど、
それを見た山南さんのセリフ。
「歴史が変わる瞬間に今自分は立ち会っている」
当時の武士たちは、みんなそういう意識だったんだろうなあ。
それが彼らのイデオロギーとなっていくのだ。

大河大三話 『母は家出する』

なんでこういう話を入れるんだろう……と途中まで謎だった。
49話しかないんだからもっとちゃっちゃか進めないと!
あまりにスローペースですよ三谷さん!
と思いがちだが後に「なるほど、こういう意図があったのね」と
思わせるあたりうまいよなあ。

町で坂本竜馬と再会する近藤。
一緒に甘いものを食べてる所に橋本左内が通りかかり同席する。
そこでいかにも怪しい侍数人も店の中に入る。
それに気づいた近藤が「うちの道場へ」と誘い、
先に左内が店を出るとそれを追うようにさっきの侍たちも出る。
どうやら橋本左内を追う公儀隠密だったらしい。
隠密のくせに尾行が下手すぎだろ。
「死して屍拾う者なし」の覚悟が足りんだろうが!!
(あ、別番組です…)

まあこの回は、近藤の縁談を気に入らない義母が家出をし、
「お前はしょせん百姓なんだよ図々しい」的なことを言ってのけ、
でも実は義母も複雑で切ない思いを抱いていたのだが
近藤はそこまで読み切れず、いろいろあった(割愛)土方も
武士になることを決意し、二人で「俺たち本物の武士になる!」と
強い意思を確認しあうというストーリーなのですが(乱暴)。

やっとトシさんが武士になる決意をしてくれて
土方ファンとしては嬉しい限りじゃないか!
長かった……長かったよ土方さん……
アンタのその決意をずっと待ってたんだよぉ!
(その間二話だけれども)

あとは斎藤一を仲間に加えてついでに山南も拾って(ヒドス)
京都に行くだけだろJKと思っていたのだったが、
私の早漏すぎる考えとは逆に
三谷さんは当然ながら多摩時代をもっと丁寧に描くのだった……
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。