スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河第五話 『婚礼の日に』

引っ張りに引っ張った婚礼話だがようやく祝言に。
こんなのは正直一話でやってもらわんくちゃ困る。
もしくはいきなり嫁のつねが出てきて
「じつは結婚してました」でもいいくらいだ。

……だが。
それも冒頭の斎藤一ですべて許そう(何様だ)
流血しながら逃げる男の美しいことと言ったら!
あんたかくまってくれる女の一人もおらんのかい!

私が喜んであなたのおn(ry

で、斎藤一が近藤の祝言の場に現れて
騒動起こしちゃうって話なのですけど。
それをかくまってくれた近藤に恩義を感じるっていう。
斎藤が新選組に入る伏線を作ってるんだよね。
こういう流れ、永倉・原田のときも思ったけど
本当にうまいなって感心しちゃう>三谷さん
それから斎藤の「承知」も聞けてかなり満足な回だぞ。

しかし、婚礼自体は近藤のやる気の無さが表れてるんでしょうか、
祝言のシーンなのにいまいち盛り上がりに欠けてて
お通夜みたいと思ってしまった。
まあ結婚は男にとって人生の墓場って言うからな。

「別嬪さん」と表現されている田端智子が
かわいそうなくらい可愛くない。
(メイクのせいだと、思うんだけど…)
こりゃ近藤さんもテンション上がらんよなあ。
お金のためとはいえ……

でも斎藤一をかくまうところで
内助の功ぶりを発揮して良き妻になれそう的な
終わり方だった。

あと桂小五郎の上から目線ぶりが相変わらずで面白い。
いいぞもっとやれ。

今回はとうとう藤堂平助が登場しました。
あまり他作品では良く描かれることが少ない平助ですが、
この大河ではかわゆく描写されてるみたいで楽しみ。

それから次回予告に出てくるヒュースケンが、
外国人俳優を使わずに川平慈英ってところに吹いたww

まさかの次回予告オチに三谷さんの凄さを感じて
恐怖せざるをえない(違


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。